笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 暑さからの集団疎開 | トップページ | 刺さらない文章 »

2019年8月 8日 (木)

男は人前で泣くな!

 

 泣けるようなことは世間に一杯あるけど、男が人前で泣いたらアカンよ。漫才師たちの闇営業と反社問題なんて笑えるくらい典型的で、ウソをついた当事者が記者会見で目を真っ赤にしたかと思えば、それを理由に契約を解除した社長もなぜだか負けじとハンカチに目を押しつけるなんて、実にみっともない応酬としか言いようがありません。

 そもそも人前で泣くというのは、他者から同情を引こうとする態度だとボクは思っています。だからこそ太古の昔から、涙は体力的なハンデを持つ婦女子にとって最強の武器だったのでありますよ。大粒の涙がホロリと頬を伝ってきたら、何をもってしても勝つことはできません。ハイハイご希望は何でも叶えさせていただきますよ、ということになるじゃないですか。それが号泣ともなれば、現場から秒速で遠ざかりたくなりますけどね。

 そんな涙まみれのみっともない姿を、中高年ともいえる大の男が2人してテレビにさらすなんて、これほど恥ずかしいことはありません。面白がって繰り返される再放送を見るたびに、ボクなら恥ずかしさのあまりに頭を突っ込む穴を探しますけどね。

 そんな情けない男たちとは逆に、女性は滅多に泣かなくなったように思います。全英女子オープンに優勝した渋野プロなんか、感極まって涙するどころか、キャハハハハと実に明るく大笑いですもんね。

 クソ暑くて、しかも長く書くに値するテーマではないのでもうやめますが、男の感情が実に安っちくなってきました。喜怒哀楽どれもトン単位の重量感があって然るべきなのに、いやはや軽い軽い。すぐ笑いすぐ喜ぶのはまぁ許すとしても、すぐに怒る、すぐ泣くでは権威も説得力もないですよね。見習うべきは、やっぱ健さんだよな。表に出したい感情をぐっとこらえて胸に呑み込む。そうした慎み深い態度を心得た男がめっきりと減ってきたのは、いかなる時代背景があるのでしょうか。言った者勝ち泣いた者勝ちとでも思っているとしたら、その実効は真逆だと知るべきです。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキングへ

 

« 暑さからの集団疎開 | トップページ | 刺さらない文章 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事