笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 頑固 | トップページ | 他人の不幸は蜜の味 »

2019年8月30日 (金)

人柄を磨く

 

 どうせこれからは人工知能=AIがどんどん幅を効かせてくるのですから、人間のほうは学歴や能力なんかより、人柄が重視されるようになるんじゃないかな。

 では、どんな人柄かといえば、若い頃は何といっても「誰からも好かれる」ってことです。飲み会しようぜ、と一言かければ、秒速で1ダースくらいの男女が賛同するとかね。仕事で少しくらい失敗しても、上司から「それも経験!」と肩を軽く叩かれてすぐに許される。そいつの動静が常に注目される、愛すべきムードメーカーという感じかな。

 ある程度の年齢になり、役職者になったら、今度は部下から「慕われる」あるいは「尊敬される」ことが条件になってきます。怖がられて距離を置かれる「畏敬」ではなく、OLの皆さんがデスクの周りにワラワラと寄ってくる誘蛾灯のような存在かな。バレンタインデーにはチョコが山積みで、そのうち4分の1は義理でなく本気だったりして。

 いずれもボク自身とは遠くかけ離れた存在ですから、羨ましさと妬みもあって実態をうまく想像できません。要するに「人気のある人」でしょうね。ここは強調しておきたいのですが、学力や能力とはもちろん何の関係もありません。だから、一生懸命に東大を目指して勉強したことなんかまるで役に立たず、むしろ嫌われる要素にすらなってきます。明らかな高学歴や役職者は、給湯室では評価が逆転して「イヤな奴」扱いされやすいのです。「学歴をひけらかすバカ係長」とか「パワハラ大好きなクソ課長」くらいのことは言われていると覚悟したほうがいい。
 けれども、前述した「人気のある人」が話題にされる時は、ピンク色のハートマークがふわふわと浮かんでいるわけです。

 そうした人柄がどのように形成されるかなんて、嫌われ者のボクなんかに分かるはずないじゃないですか。しかしながら、会社は仲良しクラブじゃないといったところで、人の好き嫌いはどことでも必ずつきまとい、それが仕事のパフォーマンスにも影響してくるのは事実でしょう。だからといって、MBAを取得できる経営大学院に通っても、人に好かれる方法なんて教えてくれません。関係するのは、せいぜいHRM=人的資源管理の科目くらいですよね。

 にもかかわらず、原因不明だけどやたらに人に好かれる人は確かに存在します。何が面白いのかよく分からない芸人がやたらに女子の人気を集めているのと似ているんだよな。じゃ「笑える奴」がいいのかというと、1つの要素に過ぎません。ジャニーズ系のイケメンにしても、あくまで1つの要素であって、過度に距離を詰めすぎると、たちまち嫌われるので注意が必要です。好かれる理由は、嫌われる理由よりもはるかに複合的で流動的なんですよね。

 だぁからさぁ、AI時代の勉強は昔とは違った方向を目指すべきなのであります。とにかく人に好かれる・愛される、世代を超えた多数の人気を集める。これこそが、学ぶべき目標なのです。知識や情報なんてネットやSNSですぐに分かるじゃないですか。これからは学校歴なんかより、好かれる人柄が就活でも問われるようになると思うぞ。不愉快極まりないけど。

 そうした人柄磨きスクールがいずれ必ず流行すると、ここに予言しておきます。ボクも『これからは能力よりも人柄だ!』『人気さえあれば出世する!』または『人に好かれる10の習慣』なんて本を書いたらベストセラーになりそうだなぁ。興味のある出版社の方は連絡ください。嫌われ者のほうが、人気者を客観的に分析できるんじゃないかな。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

« 頑固 | トップページ | 他人の不幸は蜜の味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事