笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 「べき論」を捨てよう | トップページ | 遊べ! »

2019年9月12日 (木)

クラプトン

 

 渋谷のメガドンキの真向かいに、7階建ての楽器店があります。

 中学1年でウクレレを弾き始め、中3からガットギターにアップデート。社会人になって念願のエレキギターを購入したくらいなので、この店の存在は昔から知っていますが、ギターがズラリと並んだ1階にチラリと顔を出す程度で、それより上に行ったことがありません。

 自分の音楽的才能に見切りをつけてリスナー専門になることを決意。ギターを押し入れの隅に片付け、カラオケにすら行かなくなって、いよいよ興味を失った店ですが、昨日はたまたま外国人をメガドンキに案内。その帰途に「どうしても中に入りたいよぉ」とグズるので(もちろん誇大な形容です)、仕方なく同行しました。彼は見上げるほどの巨漢ですが(前同)、ピアノを音楽スクールで本格的に学んでおり、ロンドンの自宅には電子ピアノもあるらしい。ついでに近頃はギターにも興味があるというんですよね。

 念のためにエレベータ脇に貼られた各階の表示を見てみると、7階すべてがギターで、それ以外の楽器がほとんど見当たりません。つまり、徹頭徹尾のギター専門店。そんなにもギターの種類があるのかといえば、いやいやこれがね、ウクレレも含めて、いろいろとあるんですな。特にヴィンテージとおぼしきエレキギターを並べたフロアが、特段に充実しているように感じました。何しろ高いモノで300万円近い値札ですぜ。新車が買えます。ボクはガットギターでクラシックばかり弾いていたので、エレキがガンガンのロック系にはまるで疎いのですが、それなりの故事来歴があるようですね。

 その外国人と一緒に「Oh!」とか「へえー」と溜息を漏らしながら各階を見て歩いているうちに、1枚の写真が目に止まりました。何と、誰あろう、かのエリック・クラプトンではありませんか。彼が店内でギターを品定めしているところを撮影したものだったのです。

 個人的には、前時代にあたるレス・ポールのほうが好きですけど、ともかく世界3大(日本人はこういう形容が好きですよね)ロックギタリストの1人と評価されるアーティストです。ちょっとでも洋楽(古いかな)を聞いた人なら名前くらいは絶対に知っている、簡単に言えばギターの神様ですよね。そんな超有名人が、お忍び(かどうか知りませんけど)で来訪する店であったのです。もしかしたらアルフィーの高見沢氏も常連だったりしてね。

 さすがは東京、渋谷だなぁと感心しましたが、ボク自身は管楽器に興味が移っており、指先が痛くなる弦楽器はもうやりたくないなぁ。もしできればクラリネット、あるいはサキソフォンを吹いてみたい。黒いケースからクラリネットをひょいと取り出して、ベニー・グッドマンか北村英治みたいに颯爽と演奏できたら格好いいですよね。

 以前にもこのブログで書きましたが、およそ文系というなら、せめて楽器のひとつくらいはこなせないと理系に申し訳が立たないと思うんですよね。大学生の半分が文系なのに対して、理工系はわずか2割程度ですよ。その彼らが生活を便利にする工業製品を開発し、生産に携わっているのですから、文系はせめて音楽や芸術分野で社会を楽しませなくてどおするの(ここ張本氏の言い方をイメージ)。プログラミングなんかやるより、ヴァイオリンとかピアノをやろうよ。

 仕事が人工知能と機械に置き換わったので、働き者のアリさんたちはすっかり失業。逆にキリギリスは冬も引く手あまたの人気だそうです。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

« 「べき論」を捨てよう | トップページ | 遊べ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事