笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 人柄を磨く | トップページ | 情報の押し売り »

2019年9月 2日 (月)

他人の不幸は蜜の味

 

 地上波はほとんどニュース番組しか見ないのですが、日本は他国の内情を異常に気にする国ですよね。ヘタすると当該国自身より詳しいかもしれません。国内のニュースはほかにないのかよ。政治とか経済とか、大切なことはほかにいろいろあるはずですよね。特に政権与党が独断できる閣議決定にもっと厳しく目配りする必要があるんじゃないかな。

 たとえば現在は韓国の高官候補に関する醜聞がもっぱらの対象になっており、「他人の不幸は蜜の味」とまでは言わないにしても、その懐を窺うようなことをしていると感じるんだよな。「タマネギ男」なんて日本にもいるはずです。大昔にこれを「疑惑のデパート」と表現した野党議員がいましたけどね。今だって口利き疑惑から逃げて辞任した代議士を放置しておいていいのかなぁ。叩けばホコリがもっと出てくるような気がします。

 あまりにも不愉快なので簡単に終わりますが、日本在住のコメンテーター同士が隣国を巡って激しい口論をするなんて、ホントにバカみたいな話です。そんなことよりも、国益を損なうことなく紛争や摩擦を解決するために、国策として何をしたらいいのかってことを話し合うほうが建設的ですよね。にもかかわらず、あたかも某首相のお先棒を担ぐかのように、国民の憎悪を煽ろうとする。太平洋戦争がどこから始まったのかを知っているのでしょうか。これでは官僚たちの忖度を声高に批判する資格なんてありませんよ。

 日本が大嫌いとは言いませんが、こうした下品で姑息極まりない側面を見てしまうと、ますます好きではなくなってきます。「だったら出て行け」と怒りまくる人たちの狭量さも何だかなぁ。こういう人たちはトランプ大統領の移民排斥にも賛成なのでしょうか。

 ともかく、他人の顔色や懐を窺う以前に、国家も、ボクたち自身も、主体的にやるべきことは一杯あるはずです。それをテレビで討論すべきなのに、隣国の不幸やトラブルに飛びつき、微に入り細を穿つような報道を繰り返す。それこそポピュリズムの極みというべきでしょう。

 そういえば、台風や豪雨などで「もの凄い風と雨です!!」とアナウンサーが絶叫するテレビの災害中継が妙に嬉しそうに見えて仕方ないんだけど、ボクだけの誤解または曲解でしょうか。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« 人柄を磨く | トップページ | 情報の押し売り »

映画・テレビ」カテゴリの記事