笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 遊べ! | トップページ | 歴史は繰り返す? »

2019年9月17日 (火)

見られる

 

 すれ違う人たちが、みんなボクを見ている。どうしてなんだろうと不思議に思ってきました。

   アカの他人に興味や嫌悪感を持たれるほど奇妙な風体をしているとは自分では思えません。もしかしてズボンの「社会の窓」が開いているのではないかと、慌てて股間をチェックしたこともあります。以前に閉め忘れたことがあるので、トイレから出る時は入念な確認を習慣にしており、そのあたりの失敗はないはずなんだけどなぁ。

 ファッションに関しては、あまり一般的ではないという自覚があるので、そっちのほうかなとも思いますが、誰もが凝視するほど奇天烈ではないはずです。ちょっとだけ目立つ程度ですから、原宿あたりの若者に比べたらおとなしいほうじゃないかな。

 となると、顔がかなりハンサム? いやいやいやいや、そんなはずは絶対にありません。このブログで度々紹介したように、実の父親から「お前は豚目だからな」と念を押されるくらいですから。鼻の隆起も人並みに低いしね。では体形=スタイルがものすごくカッコ良いかといえば、小学校の頃からずっと水泳部だったので、その可能性は必ずしも否定できなかったと思いますが(あくまでも過去形)、やはり現代の若い人の方が圧倒的に足が長くてスラリとしています。
 店舗のウィンドゥに自分の姿を映しても、とりたてて優れているところはどこにも発見できないのです。

 だったら、どうしてみんなボクの顔を見るのかなぁ。しかも、そのうち9割ほどが女性ですぜ。もしもボクの顔や体形やファッションに興味を持たれるような何かがあれば、もうちょっとモテてもおかしくないはずですが、そのような嬉しい経験なんてついぞありません。

 というわけで、様々な思考を巡らせながら街中を歩いてきたのですが、ある時に、まさに雷に撃たれたように、納得できる理由を見つけたんですよね。知りたいですか? どうしても、どぉしても理由を知りたいですか?

 では、教えてさしあげましょう。つまりですね、何のことはない、ボク自身が彼女たちを見ていたのです。誰でも他人の視線を感じたら、相手を見るではありませんか。つまり、見るという行為の反作用によって、ボクはみんなから見られていたのであります。

 美しいとか可愛いとか個性的とか、艶っぽい和服や薄手の夏服が似合うなど、ボクにとって好ましいと感じる女性から見られる率が高いことに気づいて、その仮説が深海からのあぶくのように急浮上したのであります。それを検証するために、意識して脇に視線を外すようにすると、あらま、見られる率もどんどん低下していくではありませんか。かくて仮説は真実として立証されたのであります。

 そりゃそうだよな。ボクみたいなオッサンを向こうから興味を持って見るはずがない。スマホでLINEに熱中している時以外は、女性は視線をレーダーのように周囲に飛ばしているのが普通です。ボクが照射した視線が、その哨戒活動にビビビっと捕捉されただけのことなんですよね。だから、チラ見で確認して「何だオッサンか」と言わんばかりに瞬時に視線が別のところに飛んで行ってしまう。そのプロセスに何の不思議もないので、こちらも「そりゃそうだよな」と。逆に見つめられたらドギマギするじゃないですか。

 ハイゼンベルグというドイツの理論物理学者がいます(1901〜1976)。1927年に「不確定性原理」を発見。“猫”で有名なシュレーディンガーと一緒に量子力学の基礎を確立したとされています。この「不確定性原理」があまりにも文学的な表現なので、面白がって関係書を読んだことがあるのですが、わずか5分で撤退。今もって何のことやらさっぱり分かりません。ただし、彼が併せて提唱した「観測者効果」というのは何とか理解することができました。量子力学が成立するミクロな世界では、観測者が見ることで対象となる系が「揺動」してしまうという理論です。ごく簡単に言ってしまえば、誰かが見れば、見られるほうも、その影響を受けて変化することを意味しています。

 理論物理学においては、この説明はある種の誤解らしく、それを避けるために近年はあまり使われなくなったようですが、こと人間に関しては「観測者効果」は確実に存在します。女性も男性も、見られることで美しくカッコ良くなるといえば、納得できますよね。その入口段階の理論が、ボクが発見した「見れば見られる」ってことなのです。

 と、何でもかんでも高尚な屁理屈にするところが文系の誇張癖または嘘つきにほかならない所以ですが、こうした人間の行動特性は、もっといろいろ理論化できそうな気がするんですよね。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓
笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

 

« 遊べ! | トップページ | 歴史は繰り返す? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事