笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« スランプ | トップページ | 肺炎 »

2020年1月30日 (木)

徘徊老犬

 

 昨日のブログでチラリと触れた犬の福助ですが、大きなコブのようになったメラノーマの切除手術は成功。口のまわりがすっきりしたのは結構でも、行動がおかしいんですよね。

 傷口をひっかいたり、何かに押しつけたりしないように、大きなチューリップみたいなエリザベスカラーを付けた状態なのに、とにかくあちこちに進みたがるのです。テーブルの脚の間も無理して通り抜けようとするので、そのカラーがひっかかるのですが、退くことができないらしく、身動きが取れない状態になります。そのたびにウォンウォンと吠えて助けを呼ぶので、襟もとを掴み上げて方向転換してやる。そこから再び前進が始まるんですよね。でもって何かにひっかかってしばらくすると、我慢できなくなってウォンウォンと吠える。

 夜中の2時頃に、そんなことを繰り返しながら、部屋中を何度もグルグルと歩き回る。その面倒を見ているうちに、ボクは突然に倦怠感に襲われたのです。やがて発熱ですから、風邪の類似症状。まさか福助が大学病院で新型コロナウィルスに感染してきたとは思えません。もしそうなら、ヒトからヒトでなく、ヒトから犬へ、そして犬からヒトへという複雑な感染ルートもあるということになるじゃないですか。

 幸いに体温が38度を超すことはありませんでしたが、ヘトヘトになって寝込んだボクに対して、福助は翌朝も飽くことなく行進を続けました。これが認知症老人特有の「徘徊」なのかなと疑いますよね。それだけでなく、午後になると突然に倒れて四肢を痙攣させたのです。以前にもあったてんかん症状なので、行きつけの動物病院に連れていき、座薬を処方してもらいました。犬にもそんな薬があるなんて初めて知りましたよ。

 ところが、深夜になって再び痙攣。タクシーで急いで搬送して診て貰うと、どうも徘徊はてんかんの前駆症状だったらしい。そんなわけで、再入院となって本日に至るわけであります。こういう気にかかることがあると、ブログもうまく書けないんだよな。それにしても、徘徊老人でなく徘徊老犬かぁ。てんかんの治癒に伴って、もとに戻るといいんだけど。。。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

« スランプ | トップページ | 肺炎 »

ペット」カテゴリの記事