笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 魔窟 | トップページ | 渋谷駅の不快 »

2020年1月 9日 (木)

恩知らず

 

 誰が日産からゴーン容疑者を追放したか、その真相はまだ分かりませんが、現場で自動車を設計・製造している人たちはどう感じているのでしょうか。名車スカイラインやフェアレディの元ファンとしては、自分の手を油で汚すことのない幹部連中が政権闘争に明け暮れ、やがてクーデターが勃発という頭上の痴話喧嘩のように見えて仕方ありません。

 彼らの理屈では、ゴーン容疑者が何億という法外な大金を掠め取ったように表現されていますが、そもそも深刻な経営危機に陥った日産で誰も大ナタを振るうことができなかったんですよね。労組支配や下請けのピラミッド構造などにメスを入れることもできず、無能な茶坊主たちが手をこまねいていたといったら叱られるでしょうか。さもなければ、フランスからわざわざ外様の経営者が送り込まれるはずがありません。

 つまり、ゴーン容疑者の辣腕がなければ、債務超過でとっくに倒産、あるいは銀行管理会社になっていたかもしれないのです。彼の手法や利益誘導や私的な横流しなどに問題があったとしても、日産としては多大な恩義があるはずです。にもかかわらず、どのように政府と結託したかは不明ですが、詳細な資料を検察に送り込み、横領だか背任かは知りませんが、犯罪として立件させようと企んだ。

 これはあくまでも彼の側に立った憶測に過ぎませんが、織田信長と明智光秀の故事すら思わせる古典的な裏切り劇のようにも思えます。いずれにしても、彼を追放した経営幹部の皆さんは、そうしたゴーン容疑者の功績についてはほとんど表明していません。会社が立ち直ったから、そろそろ追い出すかと謀ったようにしか見えないのです。

  物事には何だって光と陰の両面があります。そのどちらかしか言わない人は、腹黒い嘘つきに思えるんだよな。とにかくね、恩知らずな連中が跳梁跋扈するイヤな会社だなぁというのが、ボクの偽らざる印象なのであります。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

« 魔窟 | トップページ | 渋谷駅の不快 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事