笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 自己防衛(前) | トップページ | コロナの夜に…… »

2020年3月31日 (火)

自己防衛(後)


 感染者がいきなり激増するだけでなく、テレビのワイドショーも急におどろおどろしい雰囲気になってきました。外出自粛を要請されているにもかかわらず、学生たちが駅前で酒飲んで無神経に騒ぎまくっているから仕方ないですけどね。ボクの知っているカウンターバーでも、金曜日の深夜に尻や肩を窮屈そうに隣り合わせて、マスクなしで濃厚接触している人たちがいたので、危機感はほど遠いみたい。廊下みたいな空間で換気も悪そうなので、集団感染も十分にあり得るんだけどなぁ。

 そうかと思えば、テレビでは学校再開に向けて「ちゃんとした基準を示して貰わないと困る」とこぼしている先生がいました。この先生は、文科省と教育委員会の指示になれきってしまい、自分で考える習慣をなくしたのでしょうか。新型コロナが壇蜜、じゃなかった「3密」で感染することは衆知されています。基準が示されないということは逆に、それさえ守れば何をしてもいいってことですよね。だったら、運動場とか近くの公園で授業をやってもいいじゃないですか。防寒対策さえしておけば、広くて換気もこれ以上ないほど抜群です。何も狭苦しい教室の中でしか授業ができないってことはないはずです。むしろ、そうした創意工夫を子供たちに見せることも教育の一貫ではないでしょうか。

 自己防衛もそれと同じで、想像力に基づく創意と工夫が必要というのが、ボクの結論なのです。すでに起きたことや誰かに言われたことに受動的に反応するのでなく、できるだけ先回りして考える主体的な想像力が欠かせません。そのための発想のヒントは過去にあります。今さら新聞記事をひっくり返せというのではなく、大きな傾向だけを掴んでおけばいい。ボクにとっての第一は、日本の政治家でまともな展望と指導力を備えた人は皆無ということ。第2に、太平洋戦争敗北後の日本はアメリカの従順な奴隷、じゃなかった忠実な子分であり、何から何まで追随してきました。近頃なら相次ぐ規制緩和や国際化にインターネットが象徴的じゃないですか。

 この2つを知っておくだけで、いろいろ先行きが想像できます。アメリカで新型コロナが蔓延していたら、日本だけパラダイスでいられるはずがない。そして、このまま感染者が倍々で激増したら、凡庸な政治指導者の手に負えなくなるってことです。

 だからといって、焦って買い占めに奔るのは、ただの神経反射であって、想像力とはいえません。昨日も指摘したように、いくら生鮮食品を買い占めても3日くらいしか保たないからです。そして、1人が過度に買い占めれば、トイレットペーパーと同じく流通システムに大きなダメージを与えます。空いた棚やケースがみんなの買い占め心理に拍車をかけることになり、円滑な供給体制が瞬時に壊れてしまうんですよね。電気がショートしてブレーカーが落ちてしまい、家全体が停電するようなものです。

 そうならないためには、どうするか。首都封鎖にならないまでも、外出自粛が続くと想定すれば、ある程度の買い置きは必要不可欠です。そのほうが安心できますから。ただし、まとめていっぺんにというのがいけないんだよな。他人に迷惑をかけるので恥ずかしいだけでなく、前述したように供給体制、サプライチェーンに異常な負荷をかけることになるので、結果として生鮮食品も入手しにくくなってしまいます。

 それを回避するためには、ちょっとずつ保存食品などを買い置きすればいいのです。これなら、ほかの人に迷惑が及ぶことはないはずです。今さら遅すぎる提案かもしれませんが、日々の買い物のついでに、パスタや缶詰やレトルト食品などを少しずつ買い足していくという感じかな。

 これはあくまでも例であって、正解というわけでは決してありません。むしろサバイバルに正解なんてあるはずがない。自分自身で臨機応変に工夫していくほかないんですよね。これこそが学校で本来教えるべきことであり、ボクたちが久しく忘れていた思考習慣、すなわち知恵ではないかと思うのであります。


ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

« 自己防衛(前) | トップページ | コロナの夜に…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

教育・学校」カテゴリの記事