笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 人権という視点 | トップページ | 言葉遊び »

2020年7月 2日 (木)

人気者

 

 誤解して欲しくないのですが、敢えて極論を言わせていただけば、新型コロナウイルスは「人気者」に取り憑く感染症かもしれません。

 日本にリアルな恐怖感を最初にもたらしたのは、3月末に亡くなった志村けんさんであり、その後も芸能人やアナウンサーなどテレビでお馴染みの人たちの罹患や死去が相次いで報告されたからです。基本的にはインフルエンザと同じ感染症ですから、人との接触が頻繁かつ濃厚である人がなりやすいことは分かりますが、誰でも知っているこの人もあの人も、なんていう事態はこれまで経験したことがありません。

 それがアラートとなったおかげで、日本全体がステイホーム、巣ごもりを徹底する動機になったのですが、逆にいえば偏屈で人嫌いというボクのようなタイプは、感染しにくいということになります。山奥に一人暮らしというわけではないので、現実には感染する機会は至るところにありますが、連日報道されている歌舞伎町などのホストクラブよりウイルス入りの飛沫を浴びる可能性が低いことは事実です。

 あ、だったら、どうして政治家に感染者がいないのでしょうか。少なくとも、テレビで毎日見るような人たちが罹患したなんて、これまで聞いたことがありません。やはり「民度」が違うのかな。確かに奴らの「民度」はボクたちとは大違いですけど。それとも、多数の票は集められても、実は「人気者」ではないからでしょうか。タレントや芸能人の感染者は多いのに、政治家はほとんどいないということを本気で研究すると、意外な事実を発見できるかもしれません。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

« 人権という視点 | トップページ | 言葉遊び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事