笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 優越的地位の濫用 | トップページ | 願えば叶う(後) »

2020年7月27日 (月)

願えば叶う(前)

 

 突然に、誰かが首を絞められて悲鳴を上げたような怪音が室内に響き渡りました。そういえば、洗い上がった下着やトレーナーを乾燥機に入れて動かしていたなぁ。音源はそこしかないと浴室のほうに行ってみると、やはりドラムの回転が止まっていました。前のマンションに入居した直後に購入したので、ほぼ20年。壊れても仕方がないと諦めながらも、試しにスイッチを入れ直してみると、嬉しいことに再び動き出したではありませんか。

 けれども、30分ほどたって乾燥機を触ってみると、ちっとも熱くない。つまり、回転するだけでヒーター機能がアウトだったんですよね。

 もはや限界と判断して、思い切ってドラム式洗濯乾燥機を購入することにしました。ボクにとって、このドラム式は15年来の念願だったのであります。汚れ物を放り込むだけで、洗いから完全に乾くまで、まったく手がかからない。これぞ上等な文化生活の鑑といえるではありませんか。ところが、出始めた頃は20万円以上。おいそれと手を出せる価格ではありませんでした。1人暮らしにそんな大層なものが必要なのか、コインランドリーで十分じゃねぇのという指摘はさておき、どうせ家電なんだから、いつかハイビジョンテレビのように安くなるだろうと見込んでいたのに、どういうわけだかそうはならない。

 それで現在まで至ったのですが、今回はボクを後押しする強力な理由があります。とにかく壊れたんだから仕方がないもんね。ヨドバシでいろいろチェックしてみると、価格が以前とほとんど変わらないので驚きました。それに怯むことなく、最小&最安を条件に探してみると、シャープで15万円強の製品が見つかりました。ボクの理想は10万円前後でしたが、ちょっと無理みたい。それで即座に意思決定。決して安くはないけれど、ずっと欲しいと憧れていたドラム式洗濯乾燥機が、とうとう納品されることになったのです。おおおお、夢のような洗濯ライフ、てな感じですよ。

 そこで、つらつらと過去を振り返ってみると、ボクの願いは必ずといっていいほど叶ってきたように思うのです。 

 最初はアルミサッシの窓でした。アホかと思われるかもしれませんが、すきま風がヒューヒューと吹き込み、いつも湿気を含んでいた木枠のガラス窓は、子供の頃からの貧乏暮らしの思い出ときっちり重なっていました。これを軽量で錆びない金属製に変えることが、ボクにとっての生活向上を意味していたのです。それがようやく実現したのは20代半ばかな。当時は木造の賃貸アパートがコンクリート造のワンルームマンションにどんどん建て替えられていたので、日本全体の住居環境が急速に改善された頃ではあるんですけどね。それでも隅々までカッチリと締まるアルミ製の窓は嬉しかったなぁ。貧乏暮らしを知る人には分かるはずですが、やっと人並みの生活を手に入れたという喜びがあったのです。

 そのほかにも群小もろもろの願いがあったのですが、必ず実現してきたといっても過言ではありません。でも、さすがにこれだけは絶対的に不可能だろうという、インポッシブル・ドリーム=見果てぬ夢を東京・恵比寿で見つけてしまったのです。長くなったので、続きは明日に。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« 優越的地位の濫用 | トップページ | 願えば叶う(後) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事