笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« アナログ体重計 | トップページ | LINEの終わり方 »

2020年9月 8日 (火)

あ、味がしない!!

 

 刻みウドンって、ご存知でしょうか。油揚げを細かく刻んで具にした立ち食い店の定番ですが、なぜだか関西にしかなく、関東でお目にかかることは、まったくといっていいほどありません。

 このため、大阪出張の際に時間があれば立ち寄る心づもりはしていても、ここ15年はなかなかそうした機会が巡ってきませんでした。

 でね、先週の金曜日。大阪郊外の某市駅で取材のための待ち合わせがあり、たまたまその駅に立ち食いの麺類店があったのです。メニューを見ると、ありましたよ、念願の刻みウドンが。もちろん注文して待つことしばしで、ボクの眼前に細く切り揃えた黄茶色の油揚げを載せたどんぶりがやってきました。さっそく数本のウドンを口の中に放り込んだのですが、あれ? おや? なーんにも味がしない。「げげっ、ウソだろ!」と疑いつつ、慌てて再び数本を食べ直しても、やはり何の味も感じないじゃないですか。

 わぁお、ついに新型コロナにつかまっちまったかなと、イヤな脂汗が全身から吹き出てきました。特徴的な初期症状が味覚や臭覚の障がいということは広く知られています。心中が嵐のように騒ぎながらも匂いを嗅いでみると、湯気の中で鰹節の風味は微かに感じます。油揚げもそれなりの味がするじゃないですか。ウドンはそもそも無味といえば無味です。ということは、汁に味を感じないのかなぁ。汚い比喩で恐縮ですが、誰かが入浴した後の風呂の湯みたい。そういえば「俺のだし」という空恐ろしい名前の店が東京・銀座にありますけどね。

 無味に加えて無臭ならもっとパニクったでしょうが、どうやら原因は汁らしいと判明したので、取りあえず完食。ケチだね。念のために、その直後に喫茶店に行き、アイスコーヒーを注文しました。「こっちは大丈夫かな」と怖るおそる口にすると、コーヒーの苦みとほのかな甘味をちゃんと舌がキャッチするではありませんか。

 「ああ良かった」と、ひと安心してから考察するに、ボクは名古屋生まれにもかかわらず、30年以上も住み続けた東京の味にすっかり慣れ切っていたらしい。以前にも書きましたが、東京の立ち食いそば屋が関西に進出したら3日でつぶれます。醤油を煮染めたような真っ黒な色と濃い味は、関東以北の食習慣なのです。けれども、なぜだかそんなソバ屋しか見当たらないので、次第に慣れていきますよね。それに関東ではウドンはマイナーな存在ですから、滅多に食べることがありません。ちなみに名古屋以西ではウドン屋でソバを注文しますが、関東でウドンはソバ屋のメニューのひとつに過ぎないのです。

 それはともかく、気づかないうちにボクはそうした濃厚な醤油味に過剰適応していたようです。だから、しっかりダシを取る関西の薄味を感じることができなかった。何にしても、それから高熱を発することもなく、平熱が続いているので、感染はしていません。PCR検査をやるほどでもないですよね。

 でもなぁ、あの店の薄味は尋常ではなかったように思います。もしかしたら味のつけ忘れかも。いずれにしても、味というのは慣れていくものなのだと再認識したのであります。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

« アナログ体重計 | トップページ | LINEの終わり方 »

グルメ」カテゴリの記事