笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 雲の表情 | トップページ | ルールを疑え! »

2020年9月14日 (月)

言葉を弄ぶな!

 

 いつの間に言葉がこんなにも軽くなってしまったのかと、愕然とします。ボクは石破さんの敵でも味方でもありませんが、「グレートリセット」なんて総裁選でよく言えたもんですよね。直訳すれば「大刷新」ということになるでしょうが、では要するに日本をどうするつもりなんだよ。明確なプランがあるなら、凡庸なコピーライターが明け方に思いついたような形骸だけのキャッチフレーズではなく、何をどうリセットするのかを日本語でズバリと言えよ。これでは田舎のジーサンやバーサンが理解できるはずがない。それでも地方の支持者が多いというなら、自民党は相当なインテリ集団なのかな。

 そもそも安倍さんの支持率がここに来て異様に高まっているということは、彼の政策も支持されているってことですよね。それを「グレートリセット」するというんだから、相当な覚悟と具体的な方針がなきゃいけない。なのに、言葉ばっかりどんどん上滑りしていく。野球選手のイチローと石破さんの話し方は、面倒くさくて分かりにくく、言葉の曲芸みたいなところが共通しています。「ていうか」みたいな枕詞で相手の意見を取りあえず否定してから、似たようなことをややこしい言い回しで説明しているだけじゃないか。

 何かね、私はボクはみんなよりこんなに賢いぞ、ということをアピールするだけの話法としか思えないのです。頭の良い悪いは、あくまでも話の内容で判断されることであって、奇妙なロジックやインチキなレトリックじゃないんだけどな。

 ほかにも言い出せばキリがないのでやめますが、このように言葉が軽くなった始まりは、日本人が「愛している」と言い出してからじゃないかな。それまでは「好きだ」「惚れた」程度だったのに、戦後のある時期から男も女も歯が浮いたように「愛している」と言うようになった。それに伴って生まれたトレンドが「言葉にしなければ伝わらない」です。それまでは「言われなきゃ分からないのか」と叱られたのに、愛という言葉の普及と並行して、どんなことも言わなければ分かるはずがないという逆ギレしたコミュニケーションに変わってしまった。

 あのですねぇ。どんな仕事も、言われてようやく理解できるようでは成長や発展なんか望めないんですぜ。自ら学び、自ら工夫して、正解のない問題を自ら解決していくのがプロフェッショナルじゃないか。

 それと同じで、女々しく「愛している」なんて連呼しなきゃ気持ちが相手に伝わらないようでは、先が見えてますよ。ついでに言えば、男なら簡単に泣くな。そんな情けない姿を見ていると、こっちが泣けてきます。我慢に我慢を重ねたうえで頬を伝う一粒の涙にこそ珠玉の価値があると、こんなことも言葉にしなければ分からないのかなぁ。ともかく、何もかもがペラペラのチャラチャラとしか思えないのです。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

« 雲の表情 | トップページ | ルールを疑え! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事