笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 弱い者イジメ | トップページ | 言葉を弄ぶな! »

2020年9月11日 (金)

雲の表情

 

 今の事務所に転居して最も変わったのは、雲を見るようになったことです。流行のタワマンではありませんが、11階建ての上層であり、高い建物が周囲にないため、空の見晴らしが大変に良いのです。

 それまでは恵比寿で5階でしたから、下を見ることはあっても、上の方はチラ見くらい。駅近でビルがズラズラと軒を並べる地域だったので、空が狭いというか、小さいんですよね。ところが、ここでは視野の上半分が空といっても過言ではありません。それで見るともなく見るようになり、雲が実に様々な表情になることに気づきました。特に夏場は圧巻で、息を呑むほど美しい夕焼けがしばしば空を覆うのです。赤やピンクの混濁から薄いブルーそして紺色に至る複雑なグラデーションは、自然が見せてくれる一瞬の絵画といっていいんじゃないかな。

 絵画といえば、レンブラントが描いた雲も特徴的ですが、あまりにもカタチと濃淡がドラマチックなので、ボクは長く彼の創作だと思い込んでいました。こんな雲が現実に存在するはずがないってね。やがて40代の終わりに、たまたま2週間をかけてフランスとイギリスをクルマで旅した時に、あれが本物の写実であることを知って改めて感動したのですが、日本の雲も決してそれに負けてはいません。当たり前といえば当たり前ですが、遅ればせながらも雲を見直すことができて本当に良かった。

  やっぱりね、頭の中でこしらえた物事には限度があります。デジタルな画面に映し出される物事も絵空事の一種に過ぎない。だから諸君、スマホなんか机の上にでも置いて、街や自然の中に出かけようではありませんか。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

 

« 弱い者イジメ | トップページ | 言葉を弄ぶな! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事