笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« あ、味がしない!! | トップページ | 弱い者イジメ »

2020年9月 9日 (水)

LINEの終わり方


 スマホ経験がまだ2〜3年なので、エラソーなことは言えませんが、LINEというのは恐るべきコミュニケーションツールですよね。

 最初は簡易版の電子メールかと単純に解釈したのですが、おっとどっこいで、LINEには「既読」サインがつきますよね。これが曲者でありまして、間接的にレスポンスを強制するのであります。「既読スルー」なる言葉もあるようですが、出した方は「読んだなら返信が欲しい」と思うじゃないですか。ところが、忙しくてそんなことをやっているヒマがなかったり、運転中だったりしますよね。それで返信が遅れると、お互いの間に疑心暗鬼の川が流れ始めるのであります。

 それで痴話喧嘩や仲違いとか、答を求める質問調の内容ばかりで不愉快になるとか、いろいろなトラブルがあるんじゃないかなぁ。フェイスブックは「大きなお世話」的なSNSですけど、LINEはそれ以上のしつこさを伴うシステムだと思います。ボクたち大人は仕事で忙しいこともあって、適度なところで中断しますが、「既読」のおかげで際限なく対話を続ける若い人たちは多いんじゃないかな。

 つまりですね、「終わり方」が難しいSNSなんですよね。LINEの構造では、手紙のように「草々」「敬具」なんていう締めの言葉を置けません。それで最近になってボクが発明した「終わり方」は、スタンプなのであります。スタンプが出てきたら、そろそろ対話は終わりね、お休みなさい、みたいなシグナルにする。ただし、そんなことをいちいち説明するのも、距離を空けるようで失礼ですから、相手に推察してもらうことがポイントです。スタンプが頻繁に出始めたら、文字を打つのが面倒になってきたんじゃないかなと、何となく分かっていただくわけですね。

 この方法なら、お互いに無理がありません。皆さんもうやっているとしたらマヌケな話ですけど、誰かから聞いたことでもないので、オリジナリティはあると思うんだけどな。


ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« あ、味がしない!! | トップページ | 弱い者イジメ »

スマホ・インターネット・パソコン」カテゴリの記事