笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« スローダウン | トップページ | よってたかって噂話 »

2020年11月 5日 (木)

自分を信じない

 

 あなたは自分を信じられますか?

 たとえば朝の出がけにドアにカギをかけたとします。駅への道すがら、ホントにカギをかけたかなぁ、もしかすると思い込みや錯覚だったんじゃないかと自分を疑ったことはありませんか。ボクはあるんですよね。それで踵を返して自宅に戻って確認したり。だから駅近のマンションばかりに住んでいた、というのは軽い冗談ですけど、自分の記憶がそれほど確かなものだとはどうにも思えないのです。もちろん室内も同様で、ガスの元栓は閉めたな、水栓はちゃんと止めたよなとか、いろいろあるわけです。このため、長期出張の場合のチェックシートなんてものも作りました。そこにマークがあればOKですけど、それにしたって、まだホントかなと疑うこともあるのですから始末におえません。

 その一方で、ドアのカギをどうしたなんてしっかり覚えていないけど、いつものことだから大丈夫。ガスの元栓も窓もヒーターも「どうしてそんなに何度も確認すんだよ」とボクを真っ向から批判するような人たちもいます。自分の記憶ばかりでなく、行動にしても自信たっぷりといえばそうかもしれない。彼らにとっては、ボクのように何度も確認する人間は、ある種の精神疾患に見えているのではないでしょうか。

 この彼我の違いがどうして生まれたのか、精神科医ならぬボクにはまったく分かりません。しかしながら、仕事の遂行に関しては、後者より前者のほうが圧倒的に優秀です。たとえばビルや戸建ての建築で「あそこは1回確認したもんね」などと安心し切っていると、思いがけないことで崩落することもあり得るじゃないですか。そうなったら人命にもかかわってきます。航空機のメンテナンスなども同じで、1人で確認するのでなく、管理者が後で重要箇所を再確認するというダブルチェックが行われているはずです。

 つまりですね、人間というのは、必ずといっていいほどミスをする間違える誤認する錯覚する勘違いする、極めて不完全な生き物であるという前提に立たなければ、完全な、いや完全に近いモノやコトはできないってことなんですよね。ざっくばらんで、何事も深く気にすることなく、テキトーなほうが生きる上では楽でしょうが、ほとんどの仕事はそうはいきません。テキトーにされたら、あちこちで支障が出て大問題になってしまいます。

 というわけで、人類というのは、ボクの観点に立てば、自分を信じられる人と信じられない人の2種類に大別できます。そして、人前に立つことが多い人ほど、たとえば政治家ですが、自分を信じるタイプが多いんじゃないかな。トランプなんか典型的ですよね。内心がどうかは知りませんけど。一方、研究者や編集者といった内勤型の専門職は病的でない程度の神経質さが要求されます。社内であれば会計・経理は緻密な数字を扱うので、机のカギをガチャガチャ音をたてて確認しないと退社できないという人が多いようです。

 精神的な緩急を自在にコントロールすることが生きやすくするコツだろうと思うのですが、実際にはなかなかそうもいかないんだよな。思考の穴ぼこみたいな部分があって、夜中に突然思い出したりするわけですよ。

 人間は本能の壊れた生物と言われてきましたが、現代的に言い直せば、バグが珍しくない不完全なOSとなりそうです。「大丈夫!」なんて言われたり思ったりしたら、むしろ疑ったほうがいい。だからこそ現代の仕事は、太古の昔とは比較にならないほど神経が磨り減るのです。手を使うのでなく、気を使うから疲れ果てる。どう考えても、これは健康に良くない。実はうまい方法があるのですが、次の機会にご紹介することにしましょう。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« スローダウン | トップページ | よってたかって噂話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事