笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 前向駐車 | トップページ | 誰か注意しろよ! »

2020年12月 3日 (木)

おふくろの味

 

 もう「おふくろの味」なんて死語になったのかな。おそらく高度成長期の大規模な人口移動=集団就職で生まれた言葉だと思いますが、今では子供の頃から総菜や外食環境などが充実しているので、家庭の味が特段に恋しいと感じる人は少なくなってきたのではないでしょうか。

 いずれにせよ、ボクも「おふくろの味」といえば逆に嫌いなものが先立つんですよね。その代表的なものがソースです。フランス料理のソースではなく、特濃とか中濃というアレです。ボクの母親は肉類が苦手でありまして、それで摂取できない油脂分を補給するためか、天ぷらが好物でした。自分で揚げるのは尊敬しますが、よせばいいのに、それにソースをかけるんだよな。ボクはこの調味料が苦手だったのです。どうにも馴染めないので、小学校の高学年頃から自分だけ醤油をかけるようになりました。

 天つゆなんて高貴なものが世の中に存在していることを知ったのは20歳を過ぎてからじゃないかな。せっかく油で揚げて食材の水分を飛ばしたのに、どうして再びつゆに浸けるという正反対のことをするのか理解に苦しみましたが、ソースよりはマシってものです。個人的には塩がベストマッチングだと思いますけどね。

 ボクがソースを好まないのは、酢のような揮発成分によってゴホンゴホンとむせることがあるからです。刺激だけはたっぷりあるのに、味は何が魅力なのかよく分かりません。同じ理由からポン酢も苦手なので、しゃぶしゃぶは避けてきました。ちなみに、ごまだれも喉を締め付けられるような気がしませんか。

 そういえば酢も母親は頻繁に利用していたので、どうやら調味料の好みは遺伝や環境の影響を受けないようです。ではいったい何が「おふくろの味」なのかと自問して思い出すのは、風邪などで寝込んだ時に作ってくれた白醤油のウドンかな。透明なつゆが上品な塩味でウドンを優しく包んでくれるのであります。

 この白醤油は東海地区の特産らしく、東京では最近まで買うことができませんでした。だからといって、この「おふくろの味」をもはや再現することはできません。母親が亡くなる前にレシピを聞いておけば良かった。聞いたところで、同じモノが作れるはずもないですけどね。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« 前向駐車 | トップページ | 誰か注意しろよ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ