笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 生々流転 | トップページ | 手品のタネあかし »

2021年1月22日 (金)

コロナ禍のビルドゥングスロマン

 

 小説にはビルドゥングスロマンと呼ばれるジャンルがあります。知ったかぶりでビルディングロマンと発音する人もいるようですが、これは間違い。英語ではなくてドイツ語のBildungs romanですからね。

 直訳すれば「教育小説」、日本では一般に「教養小説」と訳されています。若者が精神的に成長していく過程を描いた小説なので、意味的には英語のビルディングでも似たようなものじゃないかな。ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスター』を中心として、それに類した作品群の概念をドイツの哲学者ディルタイがこのように表現したとウィキでは紹介されています。

 あはははは、ボクは一冊も読んでいないのでホントは何も言えないんですけどね。トーマス・マンの『魔の山』も、この系譜だそうです。若い頃は翻訳小説がどうにも馴染めず苦手だったので、まったく不勉強の極みですが、こちらも読んでおりません。 

 しかしながら、ビルドゥングスが「教育」=「自己形成」の意味であるなら、J・K・ローリング女史が失業中に書き始めたといわれる『ハリー・ポッター』シリーズもまさしくそうですよね。映画の『スパイダーマン』だって同じです。漫画大国の日本でも、長編作品の多くは成長物語といえるじゃないですか。やはりろくすっぽ読んでいないのですが、『ヒカルの碁』とか『JIN』などなど。ストーリーどころか設定すら知らないのですが、目下大流行中といわれる『鬼滅の刃』もそうした要素が必ず含まれているはずです。

 よくもまぁ読んでいない作品ばかりをズラズラ並べて論評できるものだと、我ながら呆れてしまいますが、そろそろ新型コロナ禍での教養小説あるいは成長物語が求められている気がしてならないんですよね。もしかすると、その兆しが『鬼滅の刃』なのかな。 

 総理大臣がモソモソと紙を見て読み上げるタテマエよりも、都知事の一方的なお願いなんかよりも、小説あるいは映画やテレビドラマのほうが若い人たちの心に届くんじゃないかなぁ。深い感動とともに、自分自身の生き方を主人公と一緒に学んでいく。それがビルドゥングスロマンであるなら、このパンデミックの時代にこそ求められていると思うんですよね。

 ボクも『コロナの夜に』という仮タイトルだけは作ってみたのですが、何しろネットを介した出会い経験が皆無であり、ジーサン&バーサンの熟年恋愛くらいは描けても、今の時代性をリアルに読み込むのはもはや困難なのであります。

 今年の芥川賞と直木賞は、そうした成長小説が選ばれたのでしょうか。こちらも読んでいない、というより賞自体に興味がないのですが、文壇の大御所が最終選考する小説なんかより、長編漫画に期待したほうがいいんじゃないかな。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« 生々流転 | トップページ | 手品のタネあかし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

小説・創作」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ