笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 仕事おさめ | トップページ | 行政は独占事業 »

2021年1月 4日 (月)

新年は信念

 

 くそつまらないダジャレだと分かってはいますが、今回の新年こそは信念を持つことが大切になってくるだろうなと。あ、遅ればせながら、

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 でね、菅さんの音頭取りによるGoToナンタラのおかげだと思いますが、新型コロナの陽性者が爆発的に増加。その一方で、ワクチンも普及しつつあるらしいので、明るく予想すれば、もうすぐマスクなしで暮らせそうな気もします。けれども、暗く考えるなら、新型コロナは自らの存在を賭してより小狡く変異していくので、結局は毒性を弱めて人類と共棲ということもあり得るでしょうね。

 現在と似たようなパンデミックはちょうど100年ほど前にスペイン風邪という名称で勃発。当時も大量の死者を出しましたが、ワクチンなしで2年ほどすると終息に至ったようです。もっとも、その正体はインフルエンザなので、ウィルスが死に絶えたというより季節の風物詩のように定着したといったほうが正解じゃないかな。その意味では、前述した「共棲」が進化論的には最も納得できる決着といえそうです。

 ただし、これはあくまでも生物学あるいは疫学的な状況論でありまして、経済活動のほうは100年前とは比較にならないほど膨張し、高度化&複雑化しています。2008年秋のリーマンショックだって、当初はアメリカの証券業界に限定された災厄と見られていましたが、たちまち地球規模に波及。日本でも大暴落を引き起こして、不景気の足をさらに引っ張ることになりました。

 そんな状態の国際経済に新型コロナは深刻なダメージを与えているので、これから社会がどうなっていくか、ボクごときには見当もつきません。学者様にしても、後付けの解釈や分析は大得意ですが、近未来の予報がみごと的中なんてことはほとんどなかったんじゃないかな。もっとも、賢いとされる学者や研究者ほど確定的な予測を嫌う傾向が強いですけどね。

 そんな先行き不透明な時代に、ボクたちは何を頼りに生きていけばいいのでしょうか。うわっはははは、だからこそ信念なのですよ、明智君。自分自身の信念に従って生きる。それなら失敗してもつんのめっても、ひどく転んだところで、「運が悪けりゃ死ぬだけさ」(『男達のメロディー』喜多條忠・作詞、ケーシー・ランキン・作曲)ではありませんか。それでも、誰かの後を追いかけて気がついたら断崖絶壁から墜落というよりよほどマシというものです。人間はどうせいつか死ぬのですから、結局は時期の問題じゃないですか。だからこそ何を意思して、何を為そうとして生きようとしたかが大切だと思うんだよね。

 というわけで、今度こそ信念を持って生きようよ。えっ? そんな信念はない?? 安心してください。ボクも似たようなものです。だったらこれから持てばいいだけじゃないですか。ちなみに「公平・公正・平等」そして「正義」がボクの理想であり目標です。そんなもん頭の中だけのインチキなタテマエに過ぎないとしたり顔で嗤う人もいるだろうけど、これらのすべてをないがしろにしておいていいはずがない。フェアな競争こそが、社会をより良く生きやすく変えていく原動力になるのでありますよ。

 そういえば、英語圏では普通にDo the right thing!というけど、日本なら「長いものには巻かれろ」のほうがポピュラーだもんね。信念は決して小難しくてややこしい屁理屈ではありませんから、探す気になれば、いつだってひとつやふたつは見つかりますよ。それにできるだけ従って生きるようにすればいいだけのことです。

 だからね、くどいようだけど、再三で恐縮ですが、新年は信念を心に抱くことを考えようではありませんか。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

 

 

« 仕事おさめ | トップページ | 行政は独占事業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ