笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 話が逆だろ | トップページ | 税制は国政の根幹 »

2021年2月10日 (水)

やさしくなりたい


 ほとんど衝動買いですけど、メガネを新調しました。新調なんてもはや古語かな。用例は「スーツを新調する」など、モノを新しく買ったり仕立てることを意味しています。近視用のメガネは、衣服の袖や裾直しと同じく、レンズの屈折率などを視力に合わせなきゃいけないので、単純に「買う」というより、新調という言葉のほうが適切ではないかと。

 いま使用しているチタンフレームのメガネが合わなくなってきたわけではありません。寝た時に誤って身体の下に敷いてしまい、歪めたこともありますが、かなり長期にわたって使い込んできました。まだまだ古びていないので、これからも十分に現役で活躍できるはずですが、それを使うボクのほうの気分を切り換えたくなったのであります。

 自分の顔をしげしげと眺める習慣なんかないのですが、たまたま洗顔した直後ですけど、鏡の向こうに実にイヤな目つきを発見したんですよね。ボクは新しいことが好きな割に古くさい規範意識が染みついており、年を経たらそれなりに円満になっていくべきだと考えてきました。『クリスマス・キャロル』の守銭奴スクルージが好きなんて人は滅多にいませんからね。そんな嫌われ者より「好々爺」を最終的なゴールに設定しているのに、どう表情を変えても眼に険しさがあるんだよな。それだけ苦労してきた証とはいえても、これではいよいよ好かれなくなってしまう。いえね、孤高がボクのコンセプトですから、他人に積極的に好意を持って貰おうとは思いません。斉藤和義の歌じゃないけど、『やさしくなりたい』(2011年発表)のであります。

 思い返してみれば、フィジカルなファイトはまったくないにしても、仕事を真剣にやっていれば摩擦や軋轢はいろいろ生まれるわけで、すさんだ気持ちになったことも珍しくありません。そんな積み重ねもあってか、慈悲深い温厚な性格(あくまでも自称)が変わってきたかもしれない。だったら、そろそろ軌道修正して、やさしい自分に戻りたいと思ったんですよね。

 そのためにはどうすればいいか。人間の外側と内側は不可分に密着しており、相互に影響を与え合っています。本来は内側から変えるべきですが、メンタルを思うようにコントロールするのは容易なことではありません。ところが外側なら比較的簡単にいじったり変えることができるじゃないですか。

 そんなわけで、チタンフレームよりもやさしく感じられる素材とデザインのメガネを購入したのでありますよ。イメージチェンジ、と一言で済ませられるのに、こんなにも長い言い訳もどきを書いたのは、ちょっとね、軽い後悔が伴うほど高価だったのです。しかも衝動買いだもんなぁ。そんな葛藤を宥めるための理屈と言われれば否定しません。でもさ、やっぱりボクはやさしくなりたいんだよぉ。


ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

« 話が逆だろ | トップページ | 税制は国政の根幹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事