笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 富裕層課税 | トップページ | 責任者、出てこーい! »

2021年4月28日 (水)

野生化する社会

 

 5~6年前から諸々の失望が重なり、理想を語ることがめっきり少なくなりましたが、新型コロナ禍のおかげで、日本社会はいよいよ原始化あるいはジャングル化、もしくは野生化が進んできたようです。

 ごく簡単にいえば凄絶な弱肉強食ですよね。権力や富を持つ強者の力がますます大きくなるだけでなく、少しでも上位にある者は下位にいる者を食い物にしたり、平気で虐待する。目に見える力関係ならハラスメントと問題にされますが、新型コロナ禍を理由にした雇い止めや突然の解雇は決して「悪」とは見なされていません。企業のやむを得ない生き残り策と認識されているようです。だったらあふれんばかりの内部留保はどういうことだよって思いませんか。

 こうして組織社会から押し出された弱者は、這い上がる機会をどんどん奪われ、様々に捕食されるようになります。生活保護の申請を自治体の担当者が受け取らないケースも増えているらしい。面倒くさいので詳しくは書きませんが、これがジャングル、あるいは野生化でないとすれば、どう表現できるのでしょうか。

 もっと悲しいのは、そうした弱者に対する思いやり、すなわち想像力もどんどん乏しくなっているということです。つまり、自分だけが大切で他人はどうなっても知ったことではない。以前に追突事故を起こして足から血を流しているくせに「わしゃ知らん」とバイクで遁走したジーサンの話を書きましたが、精神性はそれとほとんど変わりないよね。

 休日前に大変に恐縮ですが、すっかり心が折れてしまいました。この続きはいずれきちんと書き込むつもりですので、今回は勘弁してください。それにしても、夢や希望を語れる政治家やリーダーはいないのかよ。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

 

« 富裕層課税 | トップページ | 責任者、出てこーい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事